無隣館若手自主企画vol.20 三浦企画『春の為の習作』@アトリエ春風舎

原作:太宰治
演出:三浦雨林
出演 串尾一輝(⻘年団) 大竹このみ 尾粼宇内 小田原直也 鶴田理紗(以上、無隣館)

2017年2月23日(木)- 2月26日(日) 6ステージ

会場:アトリエ春風舎

冬から春にかけての季節について。

今まで何度も経験している筈なのに、実感を伴った記憶、感覚が取り出せない。ただ美しかった思い出のようなものだけが漂っている。
迎える準備をする人たちと生きていないものについて。

太宰治の小説集「晩年」で描かれた作品群を元に上演いたします。

美しさは、人から指定されて感じいるものではなくて、自分で、自分ひとりで、ふっと発見するものです。「晩年」の中から、あなたは、美しさを発見できるかどうか、それは、あなたの自由です。読者の黄金権です。 太宰治「晩年に就いて」より

三浦雨林(無隣館2期)

1994年生まれ。北海道出身。演出家、劇作家。日本大学芸術学部演劇学科劇作コース在学中。隣屋主宰、無隣館二期演出部所属。自身が主宰する隣屋では過去9作品全ての演出を担当。生活の中から飛躍をしない言葉と感情の再現を創作の指針としている。2015年「シアターグリーン学生芸術祭 vol.9」にて《優秀賞》受賞、2016年「道頓堀学生演劇祭vol.9」にて《優秀演出賞》受賞、「利賀演劇人コンクール2016」にて《観客賞》を受賞。

ドラマトゥルク:渡邉時生(無隣館)
セノグラファー:渡辺瑞帆(無隣館)
映像美術:柳生二千翔(女の子には内緒)
コレオグラフィー: 御舩康太(隣屋)
照明:山岡茉友子(青年団
⾳響:野崎爽
舞台監督: 河村竜也(青年団
宣伝美術:岡田大悟
制作:山守凌平 (青年団
総合プロデューサー:平田オリザ
技術協力:大池容子(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力:女の子には内緒 贅沢貧乏 白昼夢

晩年 (新潮文庫)

晩年 (新潮文庫)