青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「南島俘虜記」Bチーム@こまばアゴラ劇場

作・演出:平田オリザ

出演
Bチーム
川隅奈保子 森山貴邦 由かほる 李そじん(以上、青年団) 大村わたる 小田原直也 鶴田理紗 中藤奨 西村由花 吉田庸(以上、無隣館)
スタッフ
舞台美術:青年団美術部
照明:井坂 浩
衣裳:正金 彩
宣伝美術:梅本恭子 表絵:赤刎千久子 挿絵:鏡味史子
制作:金澤 昭 赤刎千久子
Aチーム
森山貴邦(以上、青年団)岩井由紀子 折舘早紀 中藤 奨 西山真来 林ちゑ 船津健太 宮部純子 横田僚平 吉田庸(以上、無隣館)
Cチーム
石松太一 伊藤毅 坂倉奈津子(以上、青年団) 大村わたる 尾粼宇内 小寺悠介 寺田凜 永山由里恵 南波圭 新田佑梨(以上、無隣館)

 青年団+こまばアゴラ演劇学校“無隣館”「南島俘虜記」の公演、これまでAチーム、Cチームを見てきたが公演最終日になってしまったがこの日Bチームの舞台を見てA・B・Cの3通りのキャストの公演をすべて見ることができた。今回見ていて面白かったのは3つのチームの公演がもちろんそれぞれ出演者は異なるのであるが、それぞれに演技における間の取り方や俳優が座る場所などが異なり、3通りの演出がなされていたことだ。平田オリザ演出の舞台というか青年団の演出の場合、これまでも出演者としてダブル・トリプルキャストなど出演者が変わることはあったが、そのことで大きく演出が変わったりするということはほとんどなかった。
 今回は無隣館の俳優との合同公演ということから育成の意味もあるためか、平田自身が細かく全てを決めるという風ではなくて、おそらく出来あがってきたものに対する演出的な修正というのはあるのだと思うが、俳優らの裁量にまかせている部分が本公演と比べれば大きいのではないかと思った。