きたまり/KIKIKIKIKIKI「悲劇的」@京都アトリエ劇研

使用楽曲 マーラー交響曲第六番イ短調 悲劇的
振付演出 きたまり

出演  花本ゆか 藤原美加 益田さち 斉藤綾子 きたまり
日程 2017年8月4日(金)〜8日(火) 
会場 アトリエ劇研

マーラー交響曲の舞踊化といえばベジャールのものが有名なほか、最近ではノイマイヤーも積極的に手掛けているようだが、いずれもきたまりがこれまで手掛けてきた「巨人」「夜の歌」、そして今回手掛けた「悲劇的」は手掛けていないのではないかと思う。もっともきたまりはマーラー交響曲の全作舞踊作品化を宣言し、今後両巨匠がすでに手掛けた楽曲にも挑戦することになるとは思われるが、今回はやはりこれまではあまりダンスでは取り上げられていないであろう第六番「悲劇的」の上演となった。
 きたまりが執筆しているパンフの文章によればこの曲の最後には運命の打撃の象徴とされるハンマーの音が収録されていることから、これまでカンパニーが作品発表の場としてきたアトリエ劇研が今年8月いっぱいで閉鎖となることを知り、その最後にふさわしい作品としてこの楽曲を採用した作品を選んだということのようだ。ただ、原曲はともかくとしてダンス作品としてのKIKIKIKIKIKI「悲劇的」(きたまり振付演出)はむしろ激しい動きで踊り回るダンサーたちの爆発的なエネルギーに溢れていて「悲劇的」という感じはなかった。
 ダンスの振付的には前半はグラウンドポジションが多い。そのためか、劇場の壁側にコの字状に桟敷のような客席が設けられていて、観客はいわば2階の高さにあるその桟敷席からダンスフロアを見下ろすようになっていた。これはフロアで動き回るダンサーがフラットな観客席から見たのでは重なってしまいよく見えなくなってしまうのを防ごうという狙いがあったとも思われるが、逆にそういう客席設定に触発されたように床面に腹ばいになったままである時は爬虫(はちゅう)類や両生類を思わせるように、あるときはアメーバのように動き続けるのがこれまであまり見たことがないような動きで面白い。
 ただ、全体の構成としては前半部分はやや単調かつミニマルでもあり、時折眠気が襲ってきたのも確かだ。舞台は急角度で見下ろすことになり、眠りこけたら危険なため、睡魔との戦いもあったが、きたまりが引っ込んでほかの4人のダンサーが次々とソロで踊るシーンあたりから作品の空気は一変した。もともと、この作品ではきたまりを除けば他の4人のダンサーはいずれもバレエ経験者であり、特に益田さち 斉藤綾子の2人は関西を代表するバレエ団に所属している。技巧的にもソロ、ユニゾンでのダンスはいずれもバレエ的な要素が濃厚なもので、それまでのきたまり作品と比べると身体的な強度も高い振付。今回こうしたダンサーをそろえたのはマーラーの壮大な交響楽に対峙するためにはそれがどうしても必要だと判断したと思われる。